心情整体西村施術院

息と動きの法則を解き明かし、病気の謎を解明していきます。

左手と右手からみた息の構造

左手は腰と連動して動きます。


右手は背と連動して動きます。


左手の主体的な動きは吸気と連動します。


右手の主体的な動きは呼気と連動します。


吸気が腰に呼気が背に


下から上に流れます。


ベクトル平行体の形に運行します。


右手は左手つまり腰を土台としてそして吸気を土台として
正しい動きが連結されます。


初動は腰から


初動は吸気からとなります。


自然と多く触れる機会が多くなりました。


この草木はどのような働き目的があるのか?
鑑賞のためか? 


薬効のためか


染料の材料


材木のためか?・・・・・


色々と目につくものを調べていくと
ああ、宝の山だな?


と実感します。


サネカズラこれは整髪料になり、果実 樹皮は強壮 咳止めの妙薬とのこと
肝臓に聞くのかな?味を見てみたいですね。

冬イチゴ

千両


生姜の収穫


野良仕事道具づくり



右手の縦の動きは何処から

右手の縦の動きは胸を開くことから始まります。


胸を張る


胸を開く


胸は開くものです。


顎を引け脇を締めろと昔の人はいいましたが、


それは肩甲骨の間にある筋を意識すると


自然と胸は開きます。


この状態でなければ尺骨側にある筋に力が集まりません。


この胸を開くと左足に重心がのります。


この状態にて右手親指が動き出すと手首が回旋します。


そして腰も回旋します。


右手は縦の動きを中心として横の動きが始まるのです。


それで回旋するのです。


天然のヒラタケです。山歩きをして見つけました。
白いので何かなと近づくと以前ととったヒラタケに
似ています。以前 とったヒラタケと少し色が違います。




聖霊とは愛のことですか?


右手とは呼気 それはエネルギー それは内的エネルギー


それは投入 それは愛


愛とは神様の起こりには無い。 その内的愛が キリストにより


愛となり、心情の本体 一なる方の実体 キリストにょり 縦


それは外側 左起立筋 


その内側に呼気がいり、目的 方向 景色が一つとなる。


そして呼気には目的がある。


神様の右手 キリストの右手 それが聖霊である。


聖霊それは愛である。


左手 キリストの右手は起立筋と同動づる。


その縦の動きを土台とせずしては右手の呼気 結果的 右手 愛の手は迷走する。


方向が定まらず正しい力を出せない。


聖霊 その愛は父 キリストの実りである。一つである。




メニエル病と塩の関係

朝方 くるくると目が回ります。


吐き気もして大変です。


何時からですか?


時々あったのですがこのように長いのはありませんでした。


どちらの三半規管の異常だと思いますか?


左側だと思います。


私もそう思いますよ。


左を下にして寝ると落ち着くのですね。


それは、左半身に血液が不足しているからですよ。
                     今朝のやり取りです。


薄味で来たのですから、夏場は特に塩分が抜けるます。


最近、水も飲めません。


それは自己脱水を起こしているので、そうなるのです。


つまり、脱水症状です。
脱水症状は左半身に熱と血液を送ることができずに
左半身が虚弱になります。


今回の症状は塩で解決しますよ。
喉が渇くぐらい塩分を濃くするといいですね。・・・・・


病の根底に必ず脱水症状があります。




腹部に力が入ります。それで腰が丸くなるのが解ります。

腰が曲がった方は腹部の筋が緊張しいることを感じています。


その方にお聞きすると 


お腹が出て来たのでお腹に力を入れることを意識しだしたといいます。


腹部に集中 それは腹直筋を意識したことにつながっているので


それは間違い


本来は腹横筋の起始部
つまり、起立筋を意識したら自然と腹圧が高まるのです。


前側を意識して体を動かすことが間違いです。
背側を意識して動かしたいものです。